都営三田線春日駅近くの歯科医院、小平歯科医院、歯科口腔外科

診療内容

歯科口腔外科

親知らずとは

親知らず

前の歯から数えて8番目に位置する奥歯が親知らずになります。
生えてくるのが20歳前後と遅いことが特徴で、最大で上下左右の奥に4本生えることもあります。
生えてきても、問題がなければよいのですが、様々な問題が起きてしまう場合があります。

親知らずを抜いたほうがいい場合
  • 衛生的な問題生え方や隣接する歯が磨きにくくなることで歯垢や歯石が着いてしまい、むし歯や歯周病になる可能性が高い場合。
  • 歯並び、噛み合わせの問題横に生えてしまった場合、隣の歯が動いてしまうなどの影響により、噛み合わせに問題が生じる場合。

痛みによってご来院いただくことがもっとも多いですが、痛みが無いとご自身の親知らずに問題が生じる可能性があるのか、それをご判断いただくことはなかなか難しいため、レントゲン撮影を行い診断させていただくことが大切です。中には抜かなければいけないのはわかっているが、どうしても歯を抜くのが怖いと言って先延ばしにしてしまっている方もいらっしゃるようです。

「歯を抜くのが怖いから」などという理由で放置などしたりせず、早い段階から相談していただき、最善の選択が出来るようにすることをおすすめいたします。
当院長は親知らずの診断・抜歯を大変得意としております。大学病院で治療を行うレベルの内容でも対応可能な場合もありますので、ぜひ1度ご相談ください。

口内炎とは

歯茎やお口の粘膜などに出来る炎症で、歯並び、入れ歯が合わない、歯ブラシの使い方の誤りなどで傷ついて出来てしまう場合もあります。
患者様の原因を解明し、その原因を取り除く治療を行うことで改善を図ります。
またクリーニングにて口腔内を清潔にすることも大変重要になります。

ご自宅でできる口内炎予防法

  • ・毎食後の歯磨きやデンタルリンスなどでお口をゆすぎお口の中を清潔に保ちましょう。正しいブラッシング方法でお口の傷を作ってしまう事を防ぎましょう。
  • ・ビタミンやミネラルが不足しないようバランスの良い食事を心がけましょう。
  • ・免疫力の低下を防ぐよう、ストレスや疲労をためないようにしましょう。

顎が痛い・音がする

顎関節症はいろいろな要因が絡んでいることが多く、例えば精神的なストレス、生活習慣によるもの、噛み合わせ、歯ぎしり、食いしばり、そういった習癖がいくつか重なっています。

顎関節症マウスピース

こんな症状は顎関節症が疑われます
  • ・口を開いたり、閉じたりすると顎に痛みを感じる。
  • ・口を大きく開けると、ガクッと音がする。
  • ・口を大きく開けることができない。
  • ・口の周りや顎がだるく重い。
  • ・肩や首筋がこる。

治療方法は

まずは、レントゲンなどの精密検査を行います。
当院では、主にマウスピースを使用した、スプリント療法を実施します。寝ている時にマウスピースを装着してもらい、歯ぎしりや食いしばりを軽減し、顎への負担や緊張を和らげることで改善を図ります。

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • 歯科口腔外科
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 文京区歯科医師会
  • 東京都歯科医師会
  • 日本歯科医師会

診療カレンダー

 2018年 7月
1
休診日
2 3 4 5 6 7
8
休診日
9 10 11 12 13 14
15
休診日
16海の日
休診日
17 18 19 20 21
22
休診日
23 24 25 26 27 28
29
休診日
30 31  
 
 
 
 2018年 8月
 
 
 
1 2 3 4
5
休診日
6 7 8 9 10 11山の日
休診日
12
休診日
13 14 15 16 17 18
19
休診日
20 21 22 23 24 25
26
休診日
27 28 29 30 31  

PAGE TOPへ
戻る